男性更年期障害 サプリメント

男性の更年期障害は女性よりもひどいことがある?

男性の更年期障害

更年期障害の症状は、年齢とともにホルモンが減少しバランスが乱れることによっておこります。
閉経前後の女性に多くみられる更年期障害ですが、男性の場合もその症状が現れることがあります。
具体的な症状としては集中力の低下、無気力、性力の低下、うつ、もやもや、不眠、勃起不全、イライラなど多岐にわたり、個人個人で異なります。
女性の場合は閉経の前後5年間に当てはまる人が多く、閉経の平均年齢が50歳であることから、45歳〜55歳の「アラフィフ」世代に症状を抱える方が多いですが、男性の場合は閉経のような変化が見られないままに男性ホルモンであるテストステロンが減少し、実は更年期の症状だったということがあります。
今まで感じたことのない疲れやメンタル面での変化があれば、ホルモンバランスが変化したためかもしれません。
女性であっても人によっては悩みを抱えずにすんなり更年期世代を終える方もいる一方、男性であってもツライ症状を抱えてしまう方もいらっしゃいます。
体力の低下やED障害、不安感などは自信の喪失にも深く影響がありますから、症状が辛い場合は1人で悩まずに専門の外来に相談するのもよいでしょう。
生活習慣のケア、サプリメントのケア、そして「更年期のせいだから」と割り切って考えることも心身を楽に保つ秘訣です。


ストレスも男性更年期の原因となる?

男性の更年期障害

男性の更年期は人によって千差万別、様々な症状があります。
また、その年齢になっても症状の出ない人もいます。

 

症状は女性と共通のものと男性独自のものがあります。
代表的なものは疲労、疲れやすくなる、神経質になる、眠れない、うつ病、体がほてる、動悸がする、頻尿、性欲の低下、ED、めまい、筋肉量の減少による筋力の低下、集中力の欠如、肥満などです。抜け毛などにもつながることがあります。

 

男性特有の更年期症状が出た場合はすぐに病院に行った方がよいと思います。
原因はというと、男性ホルモンの減少が大きな原因です。

 

男性ホルモンは20代から30代をピークに年々減少していきます。
男性ホルモンの量も個人差がありますので、その減少も人によっていろいろあります。そして、この男性ホルモン減少の原因は2つあります。1つは加齢です。
年齢が上がれば自然と減少していきます。

 

2つ目はストレスです。
これは年齢に関係なく襲ってきます。仕事や家庭の悩みが影響してきます。
特に性格的に神経質でまじめな方ほどなりやすいと言われています。

 

治療法としてあげられるのは、まずバランスの取れた栄養の摂取です。
ビタミン、ミネラルなどのバランスが大切です。

 

ポイントとなる栄養素は亜鉛です。亜鉛の不足は男性ホルモンの減少につながり、性欲の低下、前立腺肥大、EDなどの問題が起こってきます。

 

その他、適度な運動、ストレスの発散方法を見つける(趣味など)などが大事になってきます。

 

治療法としてはまず医療機関に相談することです。ホルモン療法などの具体的な医療治療もありますが、人によっては生活習慣の見直し、食生活の改善、運動、お酒やたばこを控えるなどで改善する人もいます。